出合い系サイトを焦ってはダメです

インターネットの出合い系サイトを利用していると失敗する事があります。
その一つには直のメルアド交換を焦る事です。
あなたがそろそろ大丈夫だろうと思っていても、お相手の思惑が違っていれば振られてしまうのは当然ですよね。
あなたがメールの遣り取りをしている女性会員に直メ交換を切り出す前に、一度彼女とのメールの遣り取りを振り返って分析してみる事が大切ではないでしょうか?ファーストメールから、最近のメールを読み返してみてください。
何か感じる事があると思います。
彼女のあなたに対する変化を探ってみるのです。
初期段階のあなたへの対応と、現在の対応を比較すると現在の立ち位置が理解出来るでしょう。
まだまだ堅さが抜けていなかったり、警戒感が残っていると感じた場合は直メ交換は時期尚早だという事になるのではありませんか?もうちょっと彼女との遣り取りを重ねて距離を近づけましょう。
それをせずに直メを切り出しても振られる可能性は高いでしょう。
ふたりの共通のテーマで話しが弾んでいても、彼女のほうからあなた自身の事に質問をしてくることが少ない時も見逃せません。
そうった場合も直メ交換は時期尚早だと判断してください。
お相手はあなたとの共通のテーマには興味を示しても、あなた自身に興味があるとは限らないからですね。
それとは逆の雰囲気を感じられるならば、それは良い兆候です。
最近あなたに対する質問項目が増えて来たようならば、直メ交換の時期が近いサインに間違いありません。
キチンとお相手の質問に回答しておきましょう。
そして彼女にも質問する事を忘れないようにしてください。
あなたも彼女に興味を示しているサインを出しておかなければなりませんから……。
あとは自然の流れに沿えば良いでしょう。
そのうち直メ交換のタイミングがやってきます。
まちがっても彼女がまだまだ聞きたい事がある気配を感じたら、ガツガツ焦りを見せて切り出しては駄目ですよ。
それは彼女の最終テストにまだまだパスしていないレベルなのです。

話しの流れを作りましょう

インターネットの出合い系サイトを利用していて女性会員とメールの遣り取りをしている男性会員にアドバイスです。
そろそろと直のメルアドでの遣り取りを切り出したいと思っているならば、タイミングを見誤ってはいけません。
お相手の女性会員がどれだけあなたを心理しているか判っていますか?彼女の方もあなたとの共通のテーマでおしゃべりが出来て喜んでいるならば、あなたとのメールの遣り取りは楽しいと思っているのは間違いないでしょう。
そういう状況であれば、直メの交換を提案する事は話しの流れだけになりますね。
ここまでの話しの流れに逆らうような強引なやり方をしてしまうと、彼女はドン引きして警戒感を深め失敗に終わる事が懸念されます。
原則的にはその流れに沿って直メ交換の提案に持って行きたいですね。
これまでと同様に共通のテーマでの話しを楽しみたい事を強調するのです。
もしも、これまでのメールの遣り取りの中で、お相手の反応が良くなかったり返事が来るタイミングが遅れるような空気がある場合には、期待をしないほうが良いと思います。
あなたの直感は正しいでしょう。
何とかしてその女性会員と直メ交換をしたいとあなたが考えているならば、彼女と話しが弾むテーマを探しだして、もう一回初めから人間関係の再構築を試みた方が良い場合があるのです。
そのテーマに関しては、彼女のメールを全部読み返して分析してください。
プロフィール欄をもう一度精査する事で、何かのヒントが掴めるでしょう。
その糸口からあなた自身でも知識を深めて、彼女に送るメールの中にテーマを振ってみて反応を探ってみましょう。
そういう風にして巧みに彼女の興味をあなたの方に向ける事ができたら成功しているのです。
そのテーマでプッシュして話しを弾ませましょう。
何よりもあなたとメールをしている事が楽しいという印象を刻み込む事が重要です。
そうする事により次の段階の直接のメルアド交換にステップアップするのだと思いますよ。

出合い系サイトの特徴

インターネットで出合い系サイトのヘビーユーザーにもかかわらず、メルアド交換まで出来ない男性は、どこか間違っているのです。
一つの原因として考えられるのは、あなたの出合いの目的とその出合い系サイトの特徴が一致していない事かもしれません。
一度、あなたの出合いの目的を明確化してみましょう。
そして出合い系サイトの傾向に関しても見直してみましょう。
あなたの目的は一体何ですか?メール友達が欲しいだけ。
それとも恋人候補の女性を見つけたいの?またはセックスが出来る友達なのかな?何をゴールにしているのか、目的をきちんと持つ事によってどこの出合い系サイトを選択するのかが変わってきます。
出合い系サイトといっても色んな種類があるんです。
デートを視野にいれている人達が集まる出合い系サイトで、メール友達を募集していてもあなたの希望は叶うことはないでしょう。
それと同様にメール友達募集サイトで、デートをしたい恋人候補を探していて相手にされないのではないでしょうか?その出合い系サイトに集まっている客層を確認してみましょう。
そしてその客層とあなたが希望するお相手が一致するウェブサービスに入会する事が大切です。
あなたの目的がメール友達を募集する事ならば、別段焦る事はありません。
じっくりと構えてメール友達募集サイトで活動すればよいのです。
お相手もメール友達を希望しているのです。
ウェブサイト上のメッセージ機能を利用して、相互理解を深めて信頼関係を構築すれば良いだけです。
そのプロセスにおいて、あなたの目的を修正する場合はリスクがあります。
いくらお相手と対面したいと思ってもそこは自重してください。
迂闊な発言をしてしまったらアドレス交換は実現しないでしょう。
焦って失敗するよりもアドレス交換を達成する事を目標にしましょう。
それが叶ったら、プライベートでメールの遣り取りをしてさらにふたりの距離をより一層親密なものにすれば良いのです。

実態を把握する

出合い系サイトはサイトに関心をもった人が自由に入会する仕組みになっています。
出合いを求めている人たちが自由に使えるサイトですので、ユーザーの男女比というのはサイトによって異なります。
サイト側がバランスを調整するというのは、難しい話ともいえます。
タダサイトのように男性人気があるサイトは自然と男性ばかり多くなってしまい、深刻な女性不足に陥るといったこともおこっています。
出合い系サイトでいい人を見つけようと思ってサイトに入会したのに、いざユーザー検索をしたら該当者が1人しかいなかったとなると出合い系サイトを使う意味がないですね。
そうなると大抵の人はサイト利用をやめて、他の評判サイトなどで体験談として悪評をかきこみます。
そういう行為は出合い系サイトにとって命取りとなりますので、運営側は女性ユーザー確保がサイトの生存を左右することになります。
しかしサイト側がいくら宣伝しても女性ユーザーが集まらないことも多いのです。
そういう場合は、サイト側はなりすまし会員を大量に動員して水増しすることになります。
しかしなりすまし会員はアルバイトですから、人件費がかかります。
そうなるとサイトはコストダウンのために新たな手をうちます。
それが幽霊ユーザーです。
つまり実在していない女性ユーザーの自己紹介ページを作成してあたかもいるかのようにユーザー検索でヒットさせます。
もちろん実態はないので、この相手にいくらメールを送っても返事はありません。
そうして幽霊ユーザーを増やしてごまかしを図るんですね。
とはいえ、実際に女性ユーザーがいなければあっという間にごまかしがばれて、ネットで悪評が流れるのでサイトとしても幽霊ユーザーばかりで構成はしないようです。
あくまでも活気をだすための演出といったところですね。
このような実態をよく把握したうえで、出合い系サイトを使いこなすようにしましょう。