バルクアップって何?

バルクアップはあまり耳慣れない言葉かもしれません。こちらでは、バルクアップについての解説とバルクアップの必要性について解説していきます!
MENU

バルクアップって何?

では、バルクアップについて解説していきます。

 

バルクというのは、「量」という意味で、バルクアップというのは、単純に言うと筋肉量を増やすことです。

 

もう少し詳しく言うと、

 

「筋肉量を増やしながら体を大きくする」

 

ということです。

 

 

バルクアップがマイナスになる場合って?

バルクアップしたい人は、どういう理由でバルクアップしたいのでしょう?

  • ヒョロヒョロのガリガリだからバルクアップして、モテルたくましい体型になりたい
  • スポーツパフォーマンスを向上するためにバルクアップしたい
  • 体力をつけたいのでバルクアップしたい

といった理由でバルクアップを目指す方が多いようです。

 

それでは、バルクアップはどんな人にも有効なのでしょうか?

 

まず、

「ガリガリの人がたくましい体型になりたい」
「体力をつけたい」

といった場合は、基本的にバルクアップは有効です。

 

 

スポーツパフォーマンスを向上したい場合は?

問題なのは、「スポーツパフォーマンスを向上したい」という場合にバルクアップが有効かどうかというところです。

 

バルクアップすると、筋肉量が増えて筋力が上がるのは、絶対的事実なのですが、体重や手足の重量も増えてしまいます。

 

筋肉のパワーアップが効果があるような種目の場合はバルクアップは有効ですが、例えば、スプリント競技の場合は、足の筋肉量が増えることで足の動きがにぶくなる恐れがあります。
つまり、バルクアップがマイナスに働いてしまうということです。

 

ですから、スポーツパフォーマンスを向上するためにバルクアップしたいという場合には、手足の筋肉の重さがマイナスにならないかどうかを判断する必要があります。

 

スポーツするならバルクアップは必須?

先ほど解説した通り、スポーツパフォーマンス向上のためにバルクアップする場合は、筋肉の重さがマイナス要因にならないかどうかを判断する必要があります。

 

その判断を間違えなければ、基本的にはどんなスポーツでもバルクアップはかなり有効なスポーツパフォーマンス向上になります。

 

あなたの目的に応じて、

  • そもそもバルクアップが必要なのか?
  • バルクアップがマイナス要因にならないか?
  • どのぐらいバルクアップが必要か?

を判断して、バルクアップ計画を立てることが大切です。

 

 

 

このページの先頭へ